最近の想い出でした。おとうさんから肺に片影があ

最近の想い出でした。
おとうさんから肺に片影があると連絡があり、その時はおとうさんが動揺していました。私も平静ながらも、からきし疾患などしない男でしたので、電話を切ってからちょこっと心配になりました。

後、厳格診療があるとの事で肺の細胞を採取して診療結果が出るまで10お天道様位待ち受けました。

かかりつけの師範は、滅多に肺ガンであると確信していたようで、我々家族も先々の一生コースを立てようかと駆け引きもしました。

厳格診療中におとうさんが謎の肺炎に加わり、退院が延長になりました。そうして、自身は師範から「父親の疾患は、結核かもしれない」と言われました。最近の結核は、お薬で直せるので僅か確かしました。後、おとうさんの病状も回復し退院できました。

そうして、肝心な厳格診療の結果を訊くお天道様がきました。

病名は、肺マック性

人から自分へ移らない、非結核性

我々家族も何とか訊く疾患に唖然としました。
師範いわく、「私も半肺ガンとしてました」と言っていて肺ガンでなくて良かったといった確かしました。

こういう肺マック性という疾患
どのような疾患なのかと言うと、近年急激に増えた疾患らしきのです。
一際女性に多い疾患らしく、順序は緩やかなのに対して復調がむずかしい、復調には通年?2層お薬を10個々位呑み続けなくてはいけません。

疾患になる原因は謎
ただ一環押さえる企業、それは「土壌や水」
とりわけ水仕事をする側になるらしきのです。

マック黴菌という黴菌が肺に入ってしまうと
肺マック性になります。

私も水仕事は一年中行うし、いずれかってもおかしくない疾患だ。

肺マック性にかからない為には、シャワーなどの取っ手を水中に漬けて洗浄するとマック黴菌が飛び散らないといった分かりました。

いつも用いる水がちょっと恐ろしくなった
あんなキャリアでした。http://女性の抜け毛対策.xyz